– 禮です。

2016年3月10日

洗顔のやり過ぎはニキビを助長する

Category: コスメと肌のお手入れ – rai – 7:48 AM

ニキビを予防するために大事なことは肌を清潔にする事。だから、1日に何度も洗顔をするのが良い、そう思っていませんか?

確かにニキビ菌であるアクネ菌を寄せつないでおこうと思えば、洗顔は大切なスキンケアの一つです。

ですが、それでも1日に洗顔を擦る回数は朝と夜の2回で十分。

肌の表面に汚れが残っているとそれが毛穴に詰まることでニキビになりやすくなりますが、肌表面の皮脂を洗い流し過ぎてしまうと、肌が乾燥することによって角質層が本来よりも厚くなってしまい、結果的に毛穴がつまりやすいニキビ肌になってしまいます。

洗顔をするポイントとしては、洗顔料はしっかりと泡立てて、泡で洗うようにする。顔を洗うときのお湯の温度はぬるま湯でだいたい30°前後。

また、メイクをしているときは、まずはクレンジングでメイクを落として、それから洗顔するのが基本ですね。