– 禮です。

2018年3月23日

4個のメダル

Category: 禮的な話 – rai – 6:35 PM

平昌パラリンピックでアルペンスキー4つの種目に出場し、全ての種目でメダルを獲得した村岡桃佳選手。

 

選手団の騎手も務め、その翌日には銀メダルを獲得し、その後金メダル1個、銅メダル2個を獲得しました。4年前に高校生で出場したソチパラリンピックではメダルが獲れず悔しい思いをしたそうです。

 

21歳で現在早稲田大学に通う彼女はソチオリンピック、ノルディック複合で銀メダルを獲得した渡部暁斗選手を指導した指導者がいる早稲田大学へ進学しました。

 

指導者の方は障害スポーツ選手を育てた経験がなかったため最初は断っていたそうですが、村岡選手の「死んでも早稲田です」という熱意と他の部員の反対がなかったため指導を決めたそうです。

 

彼女の強い思いが指導者の気持ちを動かし、自身の努力もあって今回の4つものメダル獲得につながったのでしょう。パラリンピックの選手を見ているとオリンピックの選手以上に家族の思いや本人の覚悟が伝わってくるような気がします。